Tuesday, August 23, 2005

千の風になって





※母のデジカメ・PCのため画像が鮮明にできません(機械オンチは更新が精一杯です・・ううっ)

母は読書会というものを30年続けていて(今日はそのお友達と箱根へ行ってますが)実家に帰省するとある本をぺらぺらと読んだりします。母も私の読解力をしっていてやさしい本を薦めてくれたりします。枕が違うとなかなか寝れないので写真にひかれて読んでみました。

千の風になって 原詩・作者不明 日本語詩 新井満

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって

あの 大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって

あの 大きな空を 吹きわたっています

あの 大きな空を 吹きわたっています

死者からの手紙として作られて詩。アメリカのテロで父を亡くした少女が一周忌に詠んだ詩であり、イギリスの兵士である青年がテロで亡くなったとき親に生前宛てた詩であったり。死んだ人から生きている人への喪失の悲しみをいやすメッセージで、胸のつまる詩でした。

はじめは、私の中で身近な死は祖父母だけなので祖父母を思い読んでみるとん「やすませてくれやー」といってお墓で寝ているかなとちょっと引いて思ったりしましたが、私が死んだらこの詩あてはまるのかな?あてはまるような生き方って・・・と少し考えさせられたりしました。、また、元気でいらっしゃるので本当に申し訳ないのですが、胡桃の幼稚園の園長先生が浮かんできました。

今の私は、パパに詠んで聞かせて、死んだら星になって見守って、鳥になって起こして(パパが先という設定)という自己中どまりでしょうか・・。素敵な生き方は難しいし死んでも素敵って難しいなあ。

8 Comments:

Anonymous madeline said...

人は亡くなると、体は神様に返して魂だけになると聞いたことがあります。
姿形は無くなっても、魂は残るとか。
そんなことが、この詩の行間から伝わってきます。
…ジーンと来る詩ですね。

8:31 PM  
Anonymous moko said...

madelineさん、こんばんわ。ちょっとコメントしづらい(楽しみを綴るはずが)内容ですが、ちょっと考えることが普段なく過ぎていくので書いてみました。
生きている人に勇気も与えてくれるし、わたしみたいなボケボケには素敵な生き方って何か考えさせられましたよー。夏の終わりにちょっとセンチに・・。

12:31 AM  
Anonymous 33 said...

おはようございます。
この詩、とても素敵ですね。
ワタシはすぐに「千と千尋の神隠し」を
連想してしまいましたが、千という言葉って
何か意味があるのでは?とか勝手に考えて
しまいました。
自分の人生を振り返った時「よかった」と
思える人生を送りたい、と思いながら
毎日忘れてしまう...それを思い出させて
くれますね。また忘れないようにしなくては!
今年は戦後60年、という事もあり
とても印象深い詩でした。
お母様、とても素敵ですね。
ワタシもこんな本に出会わなければ!

6:23 AM  
Blogger moko said...

33さん、早起きさんなのねえ。
33さんの詩も透明感があってそれでいて
前向きな言葉いつもをおおーって詠んでいますよん。
私の場合日記もまともにかけない、いっぱいいっぱいなんです。?なところは流してください。
33さんの感性のアンテナにひっかかった本など教えてね。スポンジのようにたっぷり吸収しちゃうので。

2:38 PM  
Anonymous saki said...

この詩、素敵で何度もここへ来て見ていました。
なかなか、コメント残せなかったんだけれど、色々考えたりしました。
でも、家族とか親しい人に、死んでしまっても私はここにいるよ〜と季節の移り変わりの中でふと感じてもらえたら素敵だな〜。う〜ん、そんな風に想い出してもらえる素敵な生き方、、、難しいね〜。
mokoさんとご主人のラブラブ度も確認(笑)。

3:58 PM  
Blogger moko said...

sakiさん、そうなの、sakiさんのコメントのように死んでもふと感じてもらえる生き方というのを言いたかったの!
風のように吹きわたる人って生きていたときにすばらしかったとしか思えなくって。
ぜひ、新井さんの写真と一緒に詩を朗読してみて。写真と一体化がすんばらしいので!!

10:14 PM  
Anonymous ptica said...

mokoさん、こんばんは。
本当、とても素敵な詩ですね。
美しい言葉が素直に心に響いてきます。最近観た映画とちょっと重なる部分もあったりして、不思議な感じ。私はと言えば、我欲が強すぎてまだまだこんな風にはいかないなあとちょっと反省してしまいました。

11:25 PM  
Blogger moko said...

pticaさん、入れ違いでしたー。今ちょうどpticaさんのところに行っていたところで・し・た!この詩で去年映画になったそうです。
同じものかは分からないですが、sakiさんにもお薦めしたんですが、ぜひ、きれいな新井さんのお写真と一緒に詠んで見てほしいです。

11:56 PM  

Post a Comment

<< Home